シャイニング・スピリッツ・ガーデン|アチューメント専門

【遥かなる日の巫女・卑弥呼エネルギー】物事の真意を知る・決断の後押し・瞑想・商談成功運・発表会などの成功

《霊能力を向上》《リーダーシップ》《物事の真意を知る》
《決断の後押し》《瞑想》《商談成功運》《発表会などの成功》

創始者 : 葛城四水氏

「遥かなる日の巫女・卑弥呼エネルギー」は、卑弥呼と繋がるためのエネルギーワークです。

卑弥呼は『魂・心・体』全てのパワーにおいて強き女性です。

日本人としてのアイディンティティが失われた現代人に、きっと力を与えてくれることでしょう。

卑弥呼は、物事の真意を知りたい時や、判断に迷っている時などに力を貸してくれます。

日々の瞑想、大事な商談、発表会等の前にエネルギーを呼び起こし、
サポートをお願いするのも有効です。

遥かなる日の巫女・卑弥呼エネルギー 独自のシンボルとマントラを用いて
より一層卑弥呼との繋がりを強化する事も出来ます。

このアチューメントのユニークな点はマントラです。

マントラは、マンションで例えると、オートロック解除キーのようなものです。

シンボルは、個別住居の玄関の鍵です。
仮に、卑弥呼さんの部屋は2201号室です。
マントラは共通でエレベーターホールやロビーで、
2202号室などの同マンション住人に会えるかもしれません。
何度か会っているうちに、部屋に招待されるかもしれません。
つまりシンボルを教えてもらえます。
卑弥呼アチューメントで他のエネルギーのアチューメント創始者になってしまうこともあります。

【卑弥呼について】

卑弥呼は、魏志倭人伝に記されている175年頃~248年頃、倭国を治めた女王です。
邪馬台国に都を置き、鬼道を用い、弟の補佐を得て国を統治していました。
夫は持たなかったとされています。
封号は親魏倭王。

卑弥呼は、中華思想による蔑字で、日本での表記としては日巫女、日御子、姫子、姫御子、日女子、
日向、日甕依姫等の諸説があり、読みもひみこの他に、ひむか、ぴむか、ひみか、ひむか等の説があります。
また天照大神と同定する説もあります。
後継には親族の壹與が女王に即位したとされています。

【こんな方にお勧めです】

・霊能力を向上させたい
・リーダーシップを向上させたい
・物事の真意を知るサポートをしてほしい
・なかなか決断ができない
・瞑想の間、導きなどヒントを得るサポートをしてほしい
・商談成立をサポートをしてほしい
・発表会、会議など表現する事柄のサポートをしてほしい

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【受講資格】 なし

【他者伝授】 出来るようになります。

【所要時間】 30分程度

【マニュアル】基本マニュアル 3ページ / 共通マニュアル 1ページ

【コールインメゾット】 2000円☆彡

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

※必ずお申込み前に【FAQ】をお読みください。
お申込みされた時点で【FAQ】をお読みになり 理解・同意されたものとみなします。

※アチューメント等のエネルギーワークは医療行為、魔法ではありません。
相性や個人差があります。

※許可なく当ホームページの内容を全部及び 一部を転写することを禁止します。

※同じページへ戻る際はブラウザーの【戻る】ボタン等をご利用ください。